桐生市 伝統と創造、粋なまち 桐生
宅地造成等規制法とは
11/3-/2-07更新


 
宅地造成等規制法の目的
 
 宅地造成に伴うがけ崩れ又は土砂の流出を生ずるおそれが著しい市街地又は市街地となろうとする土地の区域内において、宅地造成に関する工事等について災害の防止のため必要な規制を行うことにより、国民の生命及び財産の保護を図りもって公共の福祉に寄与することを目的として、作られた法律です。


宅地造成工事規制区域について
 
 桐生市においては、昭和42年12月28日に下記の概略図のとおり指定されております。
 なお、地区境界などで、適用範囲がよくわからないときは、建築指導課開発指導係にお問い合わせください。
       

    宅地造成等規制区域町名別一覧表

    A区域

    2,952ha

    梅田町一丁目

    一部

    川内町四丁目

    一部

    天神町三丁目

    一部

    梅田町二丁目

    一部

    川内町五丁目

    一部

    西久方町一丁目

    一部

    梅田町三丁目

    一部

    小曽根町

    一部

    西久方町二丁目

    一部

    梅田町四丁目

    一部

    堤町一丁目

    一部

    平井町

    全部

    川内町一丁目

    一部

    堤町二丁目

    一部

    宮本町二丁目

    一部

    川内町二丁目

    一部

    堤町三丁目

    一部

    宮本町三丁目

    一部

    川内町三丁目

    一部

    天神町二丁目

    一部



    B区域
    2,047ha

    菱町一丁目

    全部

    菱町三丁目

    一部

    菱町五丁目

    一部

    菱町二丁目

    全部

    菱町四丁目

    一部



    C区域
    9ha

    堤町二丁目

    一部

    堤町三丁目

    一部



    桐生・笠懸区域
    656ha

    広沢町三丁目

    一部

    広沢町五丁目

    一部

    広沢町七丁目

    一部

    広沢町四丁目

    一部

    広沢町六丁目

    一部


     


    桐生市 都市整備部 建築指導課 mail : shido@city.kiryu.lg.jp
    本サイトは著作権法により保護されています。詳しくは「本サイトについて」へ。